漱石枕流 めずオフィシャル 日記・告知などBLOG BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_-- / comment(-) / trackback(-) / スポンサー広告

剣客商売シリーズ

読みっぱなしだったので感想その2

「剣客商売」シリーズ

フジでドラマもやってましたが、藤田まことさんも亡くなり、小兵衛の家のセットも撤去されて寂しい限りですね。
鬼平や仕掛け人を生み出した池波正太郎の代表作のひとつです。
鐘ヶ淵の御宅に隠居する小柄な老人で無外流の剣客・秋山小兵衛、40も年の離れた妻おはる、父に似ず大柄で堅物な小兵衛の息子・大治郎、田沼意次の妾腹の子で男装の女剣客・三冬。
他魅力的な登場人物たちが、江戸を舞台に巻き起こる様々な事件を、剣と人情で解決していく。

文章が美しく、読みやすくて楽しかったです。エンターテイメントしてます。
先に上げた主要人物のキャラ設定なんて、そこいらの漫画より興味をそそる絶妙さです。
年の差若女房に男装の麗人にとがっつりポイントを抑えていらっしゃる。
小兵衛は剣の達人で、老いてなおお盛んで若い女房捕まえ、金払いがよく、人望もあり顔も広い。老中田沼意次ともコネがある。
少年漫画の最強主人公のおっさんバージョンのような人なので、物語もそれに似た安心感や爽快感があります。
良い意味でおっさん向けラノベという印象です。
大治郎さんの若さ故の固さもとても好感の持てるキャラでした。シリーズ後半は出番が少なくなったのがちょっと残念です。
なんだかんだで、完成された小兵衛に対して伸びしろのある大治郎が動くことが物語をみずみずしくしてくれているように思えました。
あと年の差若女房のおはるさんがかわいいです。農家の娘で素朴で料理上手。やきもち焼きだけど明るい。かわいいです。(2回目)

あと池波正太郎作品はだいたいそうらしいのですが、食べ物の描写がとても美味しそうでした。
ねぎオンリーの味噌汁が、お煮しめが、あんなに美味しそうに見えるとは……和食を作りたくなることうけ合いです。

剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)剣客商売 (新潮文庫―剣客商売)
(2002/09)
池波 正太郎

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2011_11_22 / comment(0) / trackback(0) / 感想

一九八四年/アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

そう言えば読みっぱなしだったので、せっかくだし感想とか書いておきます。


「一九八四年」

ジョージ・オーウェルの有名な小説です。ディストピアものです。SFなんですかね?
馬の骨的に読んでおかなければいけない気がしたので読みました。
ハヤカワepi文庫の新訳版です。
核戦争後、世界が全体主義の3つの大国に分割統治されているうちの一国「オセアニア」のロンドンが舞台。1984年という設定です。作品が書かれたのは1947年だそうなので、近未来小説だったんですね。
「ビッグ・ブラザー」「ニュースピーク」「ダブルシンク」など、民衆を骨抜きにするための様々なキーワードがあります。
主人公は、日々政府のために情報を改竄する仕事につく役人、ウィンストン・スミス。彼が体勢に疑問を抱くところから物語は始まります。

前置きはいいや。
物語がいいのは当たり前です名作って言われてるんだから。
想定外に萌え小説でした。
主人公が39歳別居中の妻持ち不健康で眼鏡とかなんという俺得……
ヒロインのジュリアもなかなか官能的でいいキャラで26歳。年の差要素も完備。
読後感が最悪との評判ですが、上記萌ポイントに加え、駆け足で進んでくれるクライマックスや文体、さらに巻末の仕掛けもあり、そんなに悪くは感じませんでした。個人的に遠藤周作のほうが読後感キツかったと思います。

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
(2009/07/18)
ジョージ・オーウェル

商品詳細を見る


「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」

○○は○○の夢を見るか?系のタイトルの元ネタ、ブレードランナーの原作。SFです。
家にあったハヤカワの文庫本です。
戦争後、放射能の降り続く荒廃した地球。人々は移民に憧れ、生き物を飼うことをステータスとし、アンドロイドを奴隷として使う。
主人公の賞金稼ぎデッカードは、火星から逃亡してきたアンドロイド6体を狩る仕事を引き受ける。

この手の物語のヒロインって、豊満な人が多い気がしますが、このお話のヒロインはスレンダー系でした。
胸を胸とか乳房とかそういう書き方でなしに、ダイレクトに「おっぱい」って書いてたのが印象に残ってしまいました。おっぱい。原文がそういうニュアンスと言うか雰囲気なんだろうか……?
ラブありアクションあり謎あり、というハリウッド的なものなのかと思って読んだら意外とそうでなかったです。
火星移住、アンドロイド、新興宗教、と壮大になりそうなモチーフはあるも、物語自体は個と個の関係・あなたとわたしの共感といった、精神の内側へ潜るような箱庭的なものでした。そういうの嫌いじゃないです。
あとおっさんたちが渋いです。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03/01)
フィリップ・K・ディック

商品詳細を見る

2011_11_22 / comment(0) / trackback(0) / 感想

今後の企画

1ヶ月放置の広告バナーが出てた!

「ワタシト先生」
先生の若気の至り話32ページ前後の読み切り準備中です。
いつもの8ページ程度の短編を添えて、また本にしようかと考えています。

若い主役をはれるイケメンがあまりにも描けないので練習しているのですが、根本的に性に合わないんだろうなと思い知らされるばかりです。
若いお兄ちゃんには、さあ手っ取り早く一度心を折って、早くおっさんになるのだ!という構成をやってしまいます。
もしくは自意識と無意識の大二病の海に蹴り落とそうとしてしまいます。
試しに、ファージャケットをきた爽やかイケメン兄さんを落書きしてみたら、ストレスの余り帯状疱疹が出てきてしまいました。
だめだこりゃ……

2011_11_16 / comment(0) / trackback(0) / 無地

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。