漱石枕流 めずオフィシャル 日記・告知などBLOG BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_-- / comment(-) / trackback(-) / スポンサー広告

拍手お礼絵/ブログデザイン

拍手お礼絵がリンク切れしていたのに気づいたので、ついでに新しく差し替えて置きました。
あと長い間放置していたブログのデザインを、やっと漱石枕流本館と同じようなものにしました。
しかもかなり長い間文字エンコーディングを間違っていたみたいでした。
さらに、記事の追記を開くと段組がおかしくなっていた不具合も直しました。
不具合っていうかタグの打ち方が悪かっただけですけどね!

スポンサーサイト

2012_03_21 / comment(2) / trackback(0) / 更新報告・告知

逆転裁判(映画)

またイロモノ原作ものかーと思われがちですが、作品自体はしっかりしたものでした。
大体ゲーム一作目の物語を下敷きに構成されておりました。DL6号事件ですね。
多少のアレンジ(省略?)を加えながら、ゲームの進行通りに物語が展開していたと思います。
ただ、特に説明もなく、ナルホドくんがナルホドくんと呼ばれていたので、ゲームプレイ済みでないと不親切な導入だったかもしれません。逆に言えば、小ネタを挟んできたりして、元々のゲームファンがニヤリと出来る部分も結構あったようです。
あと結構忠実に進行するので、事件発生→探偵パート→法廷パート、と繰り返され、中盤でさすがに飽きを感じた部分もありました。

キャラクター造形はゲームを頑張って再現していて、結構なコスプレ映画になっていましたが、観ているうちに慣れました。
ナルホドくんがちゃんと違和感なくナルホドくんとして活躍していてよかったです。
ただ綾里家のビジュアルにはたくさん言いたいことがありました。
千尋さんの、千尋さんのおっぱいは!?
マヨイちゃんのメイクがバッチバチだよ!
青みがかった黒髪のカツラがすごく気になるよ!

登場人物の証言が覆されてキレる部分の演出は、個人的にもっと派手な方が好みだったかもしれません。
メイクごと変えるとか。
なんか比較対象としてライアーゲームがどうしても出てきちゃいますが、ライアーゲームのキレ方がわざとらしくて好きです。

あとサユリさんが可愛かったです。

逆転裁判 (小学館文庫)逆転裁判 (小学館文庫)
(2012/01/07)
大石 直紀

商品詳細を見る

2012_03_13 / comment(0) / trackback(0) / 感想

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。