漱石枕流 めずオフィシャル 日記・告知などBLOG BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_-- / comment(-) / trackback(-) / スポンサー広告

風立ちぬ

久々に映画観たので感想書いておきます

風立ちぬ

言わずもがなジブリで宮崎アニメの新作ということで見に行きました。
ゼロ戦設計士の堀越二郎の半生を、堀辰雄の文学作品と混ぜて描いた、事実と虚構の融合した物語です。
紅の豚と同じく模型雑誌に掲載された監督本人の漫画が原作であること、大人向けであること、大正から昭和にかけてを舞台にすること、夢と狂気を描くこと、等といった事前情報で、すでに宮崎駿作品好きとしては「何をやらかしてくれるんだろう!」とテンションMAXです。

見た結果やっぱりすごかったです。
絵画をイメージしたカットが散りばめられ、直線部分もフリーハンドでふらふらと震え、静止カットにも動画を割き、部分部分の効果音が人の声で、始終色彩は明るく、夢ではじまり夢に終わる。ドリーミードラッグムービー!
おじいちゃんが昔を懐かしむ映画になるのかなという思いもあったのですが、そんなことはないアヴァンギャルドさでした。

そして監督が自分自身とこれまでになく対峙している様も見て取れました。
公式で鈴木Pによる「平和主義と兵器好きの矛盾の答えを出すべき」という趣旨の発言があったとのことですが、これ以外にも、大人向けと銘打った作品だからこそ描けた矛盾、これまで言ってこなかったような本音がいくつか垣間見えました。そういうところも良かったです。
もののけ姫でも、千と千尋でも、現実を生きなさいと言っていたけれど、ハウルやポニョで夢の世界を肯定し、その流れで今回はより夢の世界に軸足を置いていること。
特に気に入ったのが、美にこだわっていたところです。正論も常識も良識さえも、美にくみしないなら選ばないぞという狂気。

そういった、非常に作家性・作品性の強い映画ですので、宮崎駿・戦闘機・構図や色彩その他技術的なこと・クリエイターの心情、いずれにも興味がない人には退屈かもしれません。

話題にもなっていた声優庵野さんですが、少年役のキャストから、学生になるといきなり庵野さんになったのでちょっと心の準備が追いつきませんでした。社会人になってからは「心ここにあらず」感が合っていたようにも思いました。

私に戦闘機の知識があればもっとニヤニヤ出来たと思います。平沢進のせいでユンカースは知ってました。
あとは眼鏡の描き込みに力が入ってました。輪郭線の歪みとかレンズの集光とか。眼鏡映画でした。ありがとうございました。

風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19風立ちぬ スタジオジブリ絵コンテ全集19
(2013/07/31)
宮崎駿

商品詳細を見る

スポンサーサイト

2013_08_31 / comment(0) / trackback(0) / 感想

チトセとニチカの長崎ネタ漫画2本

短編漫画2本追加しました。

http://medu.web.fc2.com/comic/

団体マスコットキャラとして合作した、チトセくんとニチカちゃんを動かして漫画にする企画に参加した時の作品です。
1本はキャラ紹介本に寄稿したもの、もう1本は長崎市内観光地紹介本に寄稿したものです。
お子様でも安心して読めて雑学が身につくタイプの漫画です。

長崎県美漫画に関しては、作画にFireAlpacaを利用しました(トーン化など仕上げにはフォトショ利用)。
同人用A4原稿サイズで作業しましたが、十分使えましたよ!

nichika002.png

2013_08_28 / comment(0) / trackback(0) / 更新報告・告知

イラスト5枚目更新 / コミックアート展4日目

コミックアート展2013夏4日目です。

イラスト更新5枚目は「穢土のあまにた」

画材も売っている文房具屋さんが展示会会場ということで、絵の具の作品も展示しなきゃと描いた絵です。
B4の画用紙にミリペンで主線を描き、アクリル絵の具とカラーインクで彩色しました。
ミリペンって水に溶けないんだーということ知りました。
金と蛍光ピンクの絵の具を使ったので、ぜひ実際の作品を見て、趣味の悪い派手さを感じて欲しいです。

昨年も描いた毒キノコシリーズです。和テイストに、「目病み女に風邪引き男」という要素を足してみました。
病んでいる状態に色気を感じる、という感覚が非常に共感出来ます。
直接的な性描写よりも、精神、倫理、体調、年齢――様々な要素が生み出すズレ・非対称性という現象って非常にエロティックだと思いませんか。

漱石枕流
漱石枕流ギャラリー

↓B4を300dpiで取り込んだ原寸

pic-91.jpg

2013_08_06 / comment(0) / trackback(0) / 更新報告・告知

イラスト4枚目更新 / コミックアート展3日目

コミックアート展2013夏3日目です。

イラスト更新4枚目は「月世界旅行」

今回の展示会では「けもみみフェスタ」をしよう!との提案を受け、よし人外だ!と意気込んだところ、なぜかロボになりました。女の子は正当にけもみみです。うさぎさんです。うさぎなら月です。
顔のディティールのないヘルメット型のロボが描きたかったのですが、見よう見まねのメカ理解皆無なデザインですので、既視感がたいへんあります。今後の課題としたいです。
SAIに平筆があることに気づいて使ってみました。普通の厚塗り筆よりも、良い感じでタッチやストロークが残って気に入りました。今後活用したいです。

「月世界旅行」は、古い映画のタイトルで、それを引用してタイトルにした曲があって、そのイメージで描き進めました。
ふたりっきりの幸せな箱庭ってシチュエーションいいですよね。
長くは続かなかったりしても切なくていいですよね。

漱石枕流
漱石枕流ギャラリー

↓原寸大

pic-90.jpg

2013_08_05 / comment(0) / trackback(0) / 更新報告・告知

イラスト3枚目更新 / コミックアート展2日目

コミックアート展2013夏2日目です。

イラスト更新3枚目は「ヒルガオ」

フォトレタッチをやってみました。
人物以外は全部写真、写真をいかに加工で絵となじませるか、という作業です。
背景は自分で撮った写真を、ヒルガオ等はこちらの素材サイトさん(写真素材 足成)の写真を使用しました。
加工はこちらのサイト(写真加工技術「PhotoDramatica」)の解説を参考にしました。
また、HDR加工にはこちらのフリーソフト(Fusion)を使用しました。
ゴールがわからずに加工を始めたら、水彩っぽい色合いになってきたので、水彩風に仕上げました。
でも自転車置き場を題材にしたがゆえ、写真臭さは抜けきらなかったと思います。題材は選ばなければ……

で、自転車置き場の背景に、セーラー服女子ふたりを描こうとまでは決めていたのですが、どう配置しようか考えつつラフを描いている間に、百合全開になりました。
また、ヒルガオの花言葉は絆だそうですが、情事というのもあるようです。不穏な花言葉を持つ花っていいですね!

漱石枕流
漱石枕流ギャラリー

↓原寸大

pic-89.jpg

2013_08_04 / comment(0) / trackback(0) / 更新報告・告知

イラスト2枚目更新 / 今日からコミックアート展

いよいよ本日よりコミックアート展2013夏開始です。

2枚目は「複素数庭園」

ぐにょーとした魚眼っぽいというかなんというか、そういう歪んだ空間の構図が描きたかった絵です。
構図って難しいというかいまだにわからないですね。
9分割法とかシンメトリとか、技法や理屈はいくつか知ってはいるのですが、感覚が追いつかない感じです。
今回も下書きに移るまでの段階で3,4回書きなおしたような気がします。

またしてもおっさんと少女と天体とお花です。
複素数平面って高校で習うじゃないですか。あれずっとよくわからなかったんですけど、「数直線に表れない虚数を示すのに、数直線を拡張して平面にしてる」っていうのを最近やっと把握しました。
そういうことから「不可視の領域をなんとかして投射する」っていうイメージで描いた絵です。
大切なものは目には見えないけど、一切見えないのは不安で寂しいと思うので、なんとか欠片でも見たいと思うものです。

漱石枕流
漱石枕流ギャラリー

↓原寸大

pic-88.jpg

2013_08_03 / comment(0) / trackback(0) / 更新報告・告知

イラスト1枚目更新 / コミックアート展明日から

いよいよコミックアート展2013夏が明日から始まります。
長崎市浜町アーケード内 石丸文行堂で11日まで開催します。
お近くの方は見に来ていただけたら嬉しいです。

展示している作品を紹介がてらギャラリーに追加していきます。

1枚目は「風の娘」

最近水彩塗りばかりだったので、厚塗りに戻ってみました。
戻ってみた結果、後から構図をなおしたり、雲描いては消し描いては消ししたり、結局時間ばかりかかった作品となりました。彩色も、シアンからブルーの彩色ををふんだんに使ったことで、プリントアウトした結果の色が重くなったりと、てこずりました。

例によっておっさんと少女と天体です。
胸にぽっかり大きな穴の空くような喪失と、そこから生まれるなにか美しいもの、というイメージで描きました。あと国語の教科書の挿絵のイメージです。
ド迫力の喪失感を感じる惑星といったら土星かな!と思って土星を描きました。
木星がもわーっと生の迫力を持ってるのに対して、土星ってがらんどうの喪失のイメージなんです。

漱石枕流
漱石枕流ギャラリー

↓原寸大

pic-87.jpg

2013_08_02 / comment(0) / trackback(0) / 更新報告・告知

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。