漱石枕流 めずオフィシャル 日記・告知などBLOG BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_-- / comment(-) / trackback(-) / スポンサー広告

落書き/ダンス/クリペ水彩

005.jpg

ザラザラしたテクスチャの鉛筆も探したら入ってた。「粗い鉛筆」でよかった。
オーバーレイを使わない彩色をやってみました。
「透明水彩」と「塗り&なじませ」を基本にその他の筆を必要に応じて、って感じで使っていくのがわかりやすそうだなーという手応えです。

事前に筆の設定を、自分が描きやすいようにカスタマイズしてしまってから描き始める……という方法が取れないんですよね。
おそらく脳みそのスペックが低いのが原因だと思います。
これくらいのパラメーターにしておけば、このような描画が得られる、という予測が立てられないのです。
したがって、設定と結果は描きながら体で把握しつつ、プリセットの筆に自分が合わせていく、というような適応方法を取ります。

スポンサーサイト

2014_04_14 / comment(0) / trackback(0) / 絵入り

落書き/とっくり蛇男/クリペ水彩

hebi.jpg

クリペ水彩筆。
水分量とかにじみとか透明度とか、設定の違う筆先がたくさん用意してあるので、必要に応じて筆を変えながら描く感じなんですね。
SAIでは一本の筆のパラメーターをその都度変更しながら描いてました。目分量で。

鉛筆をザラザラしたテクスチャにカスタマイズできないかなーと思い始めたので、調べてみようかと思います。

2014_04_13 / comment(0) / trackback(0) / 絵入り

落書き/木蓮/クリペ油彩

pic-95.jpg

CLIPSTUDIO PAINTの漫画以外の機能にも慣れていきたいので少しずつ使っています。
まずはグリザイユのオーバーレイ彩色で油彩筆を使ってみました。
クリペのペンや筆は、デフォルトで使った場合の入り抜きとストロークが自然で、その点気に入っています。
ただ筆の混色や色変化になかなか癖があって、理解して慣れるまで時間がかかりそうです。
SAIよりも複雑な挙動をするけど、PAINTERほどリアル追求してないという塩梅でしょうか。
オーバーレイ彩色ならそこら辺考えずに済むので楽です。

筆の挙動の複雑さ(個人的感想)
フォトショ<アルパカ<SAI<クリペ<ペインター

2014_04_03 / comment(0) / trackback(0) / 絵入り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。